よくわからないエンジニア

よく分からないエンジニアの日々の記録

よくわからないエンジニア

個人的なチートシート (ターミナル,vim,tmux)

題名の通り、個人的によく使うキーバインドメモです。

ターミナルとかvimはキーバインド上手に使えば、作業速度格段に上がるのですが、意識的に使っていかないと直ぐに矢印キーとかに逃げるので、常に確認出来るようにしておきたいと思いました。
尚、私はTera TermのMetaキーを"on"にして使っているので、環境によっては以下の通り動作しない可能性がありますのでご了承下さい。

目次

ターミナル

[移動]
Ctrl+a 行頭に移動
Ctrl+e 行末に移動
Ctrl+b 1文字左に移動(←)
Ctrl+f 1文字右に移動(→)
Alt+b 1単語左に移動
Alt+f 1単語右に移動
Ctrl+xx カーソル位置の記憶(もう一度押すと記憶した位置に戻る)

[削除]
Ctrl+u 行頭まで削除
Ctrl+k 行末まで削除
Ctrl+h 1文字左を削除(Backspace的な)
Ctrl+d 1文字右を削除(Delete的な)
Ctrl+w 1単語左を削除
Alt+d 1単語右を削除

Ctrl+y 削除したものを貼り付ける

[編集]
Alt+u 後ろの単語を大文字に変換
Alt+l 後ろの単語を子文字に変換
Alt+c カーソル位置の文字だけ大⇔小文字に変換

[履歴]
Ctrl+p 前の履歴(↑)
Ctrl+n 後の履歴(↓)
Ctrl+r 履歴の検索(下から順番に検索)

[他?]
Ctrl+c 強制終了
Ctrl+z プロセスの一時停止
Ctrl+l 画面のクリア
Ctrl+s 画面停止
Ctrl+q 再開

vim(version 7.4.629)

[カーソル移動]
k ↑
h ←
j ↓
l →
w 単語先頭へ進む(区切り文字経由)
W 単語先頭へ進む(スペース区切り)
e 単語末尾へ進む(区切り文字経由)
E 単語末尾へ進む(スペース区切り)
b 単語先頭へ戻る(区切り文字経由)
B 単語先頭へ戻る(スペース区切り)
0 行の先頭へ移動(スペースも含む)
^ 行の先頭へ移動(文字まで移動)
$ 行の末尾へ移動
gg 最初の行へ移動
G 最終行へ移動
数字G 数字行へ移動
Ctrl+d 画面半分下に移動(Down)
Ctrl+u 画面半分上に移動(Up)

[編集]
r 単一文字入れ替え(モード移動なし)
J 現在の行と次の行を連結する
cc 現在の行を削除して挿入モードへ移動
cw 現在位置の単語削除して挿入モードへ移動
s 1文字削除して挿入モード
u アンドゥ
Ctrl+r リドゥ

[挿入モード]
i 現在位置で挿入モードに移動
I 行の先頭で挿入モードに移動
a 現在位置の直後で挿入モードに移動
A 行末で挿入モードに移動
o 空白行を下に追加し挿入モードに移動
O 空白行を上に追加し挿入モードに移動
Esc 挿入モードの終了

[ヴィジュアルモード]
v ヴィジュアルモードに移動
V 行単位でヴィジュアルモードに移動
> 選択した範囲を右にシフト
< 選択した範囲を左にシフト
y 選択範囲をコピー
d 選択範囲の削除
~ 選択範囲の大文字小文字入れ替え
Esc ヴィジュアルモードの終了

[コピペ]
yy 現在の行をコピー
数字yy 数字行をコピー
yw 現在位置の単語をコピー
y$ 行末までコピー
p ペースト
P 前にペースト
dd 行をコピーして削除
数字dd 数字行をコピーして削除
dw 現在位置の単語をコピーして削除
d$ 行末までコピーして削除
x 文字をコピーして削除

[検索] /文字列 前検索
?文字列 後検索

[置換]
:%s/111/222/g 111を222に置換

[マクロ]
qa マクロ記録
qq 記録終了

[その他]
:set nu 行番号表示

tmux

[開始/再開]
tmux 開始
tmux a -tセッション名 セッションの再開

※tmuxセッション中は(Ctrl+b)を押してから操作を実行する

[一時停止]
d セッションの一時停止(tmuxから一旦抜ける)

[ウィンドウ操作]
c ウィンドウの作成
w ウィンドウ一覧表示
& ウィンドウ破棄
. ウィンドウ番号の変更

[ペイン操作]
“ ペイン上下分割
% ペイン左右分割
! ペイン解除(ウィンドウ化)
ctrl+o ペイン全体の移動

[その他]
:set-window-option synchronize-panes on それぞれの画面に同じコマンドを送る
:set-window-option synchronize-panes off 上の解除

尚、vimやtmuxの説明は下記書籍にて分かりやすく書いていたので宣伝しておく事にする。