よくわからないエンジニア

よく分からないエンジニアの日々の記録

よくわからないエンジニア

CentOS 7.3 (1611)の初期設定

諸々の事情により、年末にCentOS7を触る時間が増えました。で何台か作っていると、途中からバージョンが変わっていることに気が付きました。なんといつの間にやらCentOS 7.3がリリースされていたようです。過去にCentOS7系の設定として何回か記事を書いていましたが、今読んでみると、個人的にビックリするくらい使えない内容でした。そんなわけで、新しく初期設定をまとめてみた。

インストールは以下を参考下さい。
www.unknownengineer.net

あくまでも個人的な設定内容なのであしからず。

CentOS7.3(1611)初期設定

インターフェース名の変更

CentOS7系はインターフェースの名称が過去バージョンと違います。個人的に管理し難いので修正します。まずは/etc/default/grubを修正しrebootします。GRUB_CMDLINEに追記します。biosdevnameでeno->ethに、net.ifnamesで命名規則を指定する。どちらも0にすると従来と同様になる。修正後grub2-mkconfigを実行し再起動します。

#vi /etc/default/grub
GRUB_CMDLINE_LINUX="crashkernel=auto rd.lvm.lv=centos/root rd.lvm.lv=centos/swap rhgb quiet net.ifnames=0 biosdevname=0"

#grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg
#reboot

再起動後、コマンド"ip a"等でifcfg-ethxになっている事を確認して下さい。

NetworkManagerの停止

いきなりCent7の推奨に反しますが、NetworkManagerを止めます。個人的にNetworkManagerでの管理でも良かったのですが、メリットを全く感じなかったのでやむなく停止しました。

#systemctl stop NetworkManager
#systemctl disable NetworkManager

これでほぼほぼ従来通りにネットワーク周りの設定を進められます。

ホスト名変更

6系から場所が変更されました。/etc/hostnameを変更します。

#vi /etc/hostname
***.unknownengineer.net

DNS設定

6系から変更なし。resolve.confを修正します。searchはご自由にどうぞ。

#vi /etc/resolve.conf
search unknownengineer.net
nameserver *.*.*.*
nameserver *.*.*.*

Gatewayとnozeroconfの設定

networkファイルを修正します。サーバ用途の場合zeroconfも無効にしておきます。

#vi /etc/sysconfig/network
GATEWAY=*.*.*.*
NOZEROCONF=yes

IPアドレスの設定

まずOSインストール時に作られた、インターフェースを移動します。

#cd /etc/sysconfing/network-scripts/
#mkdir -p bak/
#mv ifcfg-eno* bak/

今回はとりあえずインターフェース一つとして設定します。ifcfg-eth0を編集です。

DEVICE="eth0"
BOOTPROTO=static
IPADDR=*.*.*.*
NETMASK=255.255.255.0
ONBOOT=yes

自環境ではこれくらいしか設定していませんが、調整は各自環境でよろしくお願いします。ここでnetworkを再起動します。

#systemctl restart network

ipv6無効化

今のところ使用予定がないので、無効化します。
無効化するとサービスの起動に影響が出たりするので、非推奨です。どうしても無効化したい場合以下を実行して下さい。

# vi /etc/sysctl.d/disable_ipv6.conf
net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1
net.ipv6.conf.default.disable_ipv6 = 1
# sysctl -p /etc/sysctl.d/disable_ipv6.conf
net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1
net.ipv6.conf.default.disable_ipv6 = 1

パッケージの導入

これでネットワークに繋がったと思うので、諸々パッケージをインストールします。とりあえず必要なものとして、baseとopen-vm-toolsを導入します。その後カーネルごと最新にアップデートします。

#yum groupinstall base
#yum install open-vm-tools
#yum update
#cat /etc/redha-release
 CentOS Linux release 7.3.1611 (Core)

localeの変更

自分の環境に合わせて、localeを変更して下さい。
自環境では変更しませんが、例えばCに変更したい場合は、以下手順で変更出来ます。

# localectl status
   System Locale: LANG=ja_JP.UTF-8
       VC Keymap: jp
      X11 Layout: jp
# localectl set-locale LANG=C
# localectl status
   System Locale: LANG=C
       VC Keymap: jp
      X11 Layout: jp

不要サービスの停止(selinux含む)

私の手には余るのでselinux止めます。

# setenforce 0
# vi /etc/sysconfig/selinux
     SELINUX=disabled (<-disabledに変更します)

後自環境では以下も止めます。

#systemctl disable atd
#systemctl disable auditd
#systemctl disable kdump
#systemctl disable mdmonitor
#systemctl disable messagebus
#systemctl disable firewalld

再起動

念の為再起動してください。

#reboot

とりあえずこんな環境で作ってみました。systemctlの使い方とかいまいち分かっていないので、年末年始に学習していきたいと思います。