よくわからないエンジニア

よく分からないエンジニアの日々の記録

よくわからないエンジニア

CentOS7 bindをソースインストールする

前回日記で書きましたとおり、今回からしばらくはLPIC 202用の環境を作って行きます。

まず今回は定番DNS、bindをインストールします。

目次

bindのダウンロード

とりあえずbindのバージョンを確認します。今回は"9.11.0-P3"を導入します。

# cd /usr/local/bind
# wget http://ftp.isc.org/isc/bind9/9.11.0-P3/bind-9.11.0-P3.tar.gz
# tar xvfz bind-9.11.0-P3.tar.gz 

コンパイル&インストール

ざっとREADMEを読む限り、特別何かあるわけではないのでprefixだけ指定します。

# cd bind-9.11.0-P3/ 
# ./configure --prefix=/usr/local/bind-9.11.0-P3
checking for OpenSSL library... configure: error: OpenSSL was not found in any of /usr /usr/local /usr/local/ssl /usr/pkg /usr/sfw; use --with-openssl=/path
If you don't want OpenSSL, use --without-openssl

openssl-develが入ってないんでしょうかね。とりあえず入れます。

# yum install openssl-devel
# ./configure --prefix=/usr/local/bind-9.11.0-P3

通りました。makeしていきます。

# make
# make install
# cd /usr/local
# ln -s bind-9.11.0-P3 bind

特に問題なくあっさり入りました。それでは次回は設定していこうと思います。