よくわからないエンジニア

よく分からないエンジニアの日々の記録

よくわからないエンジニア

CentOS7 mariadb client ソースインストール

Webサーバ用にmariadbのclientをソースインストールしました。

目次

mariadb clientのインストール

まずは最新版のmariadbを持ってきます。

# wget https://downloads.mariadb.org/f/mariadb-10.2.9/source/mariadb-10.2.9.tar.gz/from/http%3A//ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/dbms/mariadb/?serve
# tar xvfz index.html\?serve
# cd mariadb-10.2.9/

cmakeが入っていなければ、最新版を入れておいても良いです。

www.unknownengineer.net

mysqlの時は"-DWITHOUT_SERVER=ON"をcmakeのオプションにつければいけたので、早速試します。

# cmake . -DWITHOUT_SERVER=ON
…
CMake Error at cmake/readline.cmake:65 (MESSAGE):
  Curses library not found.  Please install appropriate package,

      remove CMakeCache.txt and rerun cmake.On Debian/Ubuntu, package name is libncurses5-dev, on Redhat and derivates it is ncurses-devel.
Call Stack (most recent call first):
  cmake/readline.cmake:173 (FIND_CURSES)
  CMakeLists.txt:329 (MYSQL_CHECK_READLINE)


-- Configuring incomplete, errors occurred!
See also "/usr/local/src/mariadb-10.2.9/CMakeFiles/CMakeOutput.log".
See also "/usr/local/src/mariadb-10.2.9/CMakeFiles/CMakeError.log".

ncurses-develをyumで入れます。

# yum install ncurses-devel
# cmake . -DWITHOUT_SERVER=ON

これで通りました。早速makeとmake instalします。

# make && make install

最後に/usr/local/bin辺りにリンクを貼っておきます。

# ln -s /usr/local/mysql/bin/mysql /usr/local/bin/

これでmariadbのclientインストールは終了です。