よくわからないエンジニア

よく分からないエンジニアの日々の記録

よくわからないエンジニア

平成30年度春期 基本情報技術者試験に合格しました

タイトルの通りです。基本情報に合格しました。素直に嬉しいです。

目次

結果

f:id:unknownengineer:20180516130902j:plain はい、どーん。
基本情報試験は午前/午後に分かれていて、合格点は両方とも60点を超えること。分かりやすいですね。
私のはコメントに困る得点ではありますが合格は合格です。これからは応用に向けてじわじわと勉強していきます。

感想

個人的な感想の前に、基本情報で検索すると結構な割合で「基本情報は簡単」「Iパスに毛の生えた程度」「スタートライン」みたいな言葉が出てきます。未経験者でも1ヶ月で受かるとか、IT技術者なら無勉で受かるとかもありましたが…

言うほど簡単か?

とりあえず範囲広いし、未経験者だと用語を理解するだけでも相当時間かかるし、そこから計算問題や長文問題に慣れるのにも相当苦労すると思います。たぶん未経験で1ヶ月で合格した人は滅茶苦茶頑張ったんだと思います。偉い。
IT技術者の人も普段仕事で関わらない分野もそれなりに出てくるので、一通り勉強して過去問やるくらいは必要だと思います。
後、午後の長文問題、めっちゃめんどくさい。私のように集中力皆無の人間は問題文を読むだけでガリガリ集中力削られていきます。試験中に完全に集中力が切れてしまい、問題文が頭に入ってこなくなり、該当箇所はほぼ全部落としました。

最大の関門

恥ずかしながら、私はこの試験過去5回申し込みました。そして6回目の今回、初めて試験を受けに行きました。
もう正直言って、この試験の最大の難所は「試験会場に行く」ことです。
初めて申し込んだのは新卒1年目の秋で、当日は早起きしたにも関わらず、会場に行かずに近くの喫茶店でコーヒー飲んでました。
そこからは「会場が遠い」「寝坊した」「二日酔いで体調が悪い」「全然勉強してないから受けても無駄」「なんとなく」という様々な言い訳を用いて試験会場に行きませんでした。
社会人にとって貴重な日曜日をほぼ潰してしまうというのも行きたくない気持ちに拍車を掛けてました。
今回も前日にいつもの「行きたくない」が頭をもたげましたが、過去に比べれば試験勉強もやった方なので、当日なんとか試験会場にたどり着けました。

最後になりますが、まぐれもあるから申し込んだらとりあえず試験を受けてみましょう。それでは。